私たちの歴史                   集会案内へ戻る


沿革
●1951年11月.
現.当教会牧会者・北野修が、イギリス人宣教師L.B.ムーラン氏と共に、 キリストの愛を伝えるために東京から群馬県に。渋川市で開拓伝道が始まる。
らい病院、結核療養所、刑務所、農村でキリストの愛を語り、多くの方がクリスチャンとなられる。
渋川キリスト集会(現・矢之頭キリスト集会)が設立される。
●1960年 6月.
県都・前橋市での伝道のヴィジョンが与えられ、祈りのうちに、渋川キリスト集会の牧会はL.B.ムーラン氏が継続し、北野修が前橋市の開拓伝道を始めるよう導かれる。
開拓伝道のなか、数名のクリスチャンが起こされ、前橋キリスト集会が設立される。
15年間、北野修自宅を教会として開放。さまざまな方が訪れ、キリストの福音を聞き、多くの方がクリスチャンとなられる。
●1975年12月.
自宅開放の教会が手狭になったため、紅雲町2丁目・若松湯を改装し、前橋キリスト集会所を建立。
●1995年12月.
銭湯改装の教会が老朽化したため、新会堂建設。前橋グレイスチャペルと命名。現在に至る。
どんな宗派か
「プロテスタントですか?カトリックですか?」と、よく尋ねられます。
あえて答えればプロテスタントです。
しかし、神の目にはプロテスタントもカトリックもありません。私たちは「聖書」を第一の基準とし、キリスト教界の組織や伝統、あるいは自分たちの独自の主義主張に陥ることのないように、『常に「聖書」に忠実であること』をモットーにしている教会です。